2017.06.28 | お役立ち情報

本記事は2017年6月28日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

auひかりが遅い!すぐに試せる解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
57508 views

auひかりを利用していて、通信速度が遅くなってしまったら大変ですよね。

通信速度が遅いと、動画を見たり音楽を聴いたり、そしてデータをダウンロードする時などに読み込み時間が長くなって困ってしまいます。

auひかりの通信速度が遅くなってしまった場合は最終的にauひかり側や契約しているプロバイダに連絡することとなりますが、まずいくつかの対処方法を試してみてからでも遅くありません。

今回は、auひかりの速度が遅くなったときの解決策について解説していきます。

遅い!と思う前に通信システムのおさらい

まず対処方法を試す前に知っておきたい、auひかりのサービス形態である「ベストエフォート」について解説していきます。

ベストエフォートは、一言で言って「説明通りに実力を発揮できるとは限らない」という予防線です。
それでは詳しくベストエフォートについて解説していきますね。

ベストエフォートサービスは、最善の努力をするサービス

ベストエフォートとは、「最善の努力をするサービス」という意味です。
「ベストエフォート」という言葉はネット回線系のサービスについてよく使われます。

ベストエフォートサービスであるauひかりは通信速度を高速(1Gbpsなど、設定しているスピード)で出すために最善の努力をするサービスではあるものの、宣伝通りに速度を出すことができるかはわからないわけです。

1Gbps契約でもこの速度が出ないことは普通にある

auひかりはタイプによっては1Gbpsで通信できますが、もし1Gbpsでの契約をしてこの速度を出すための条件も満たされていても、1Gbpsがそのまま出るとは限りません。

ネット回線の速度は、同じ時間に同じサービスで通信を利用している人の数や家の立地などにも左右されてきます。
日本全国いつでもどこでも同じ速度を出すことは、ほぼ不可能です。

またマンションタイプの場合など100Mbps契約となる場合もあるauひかりですが、その場合も速度が100Mbps以下になってしまうことは普通にありますよ。

そして、1Gbps契約でも100Mbpsさえ出ないことだって普通にあります。

あまりに遅い場合は別として、ある程度は妥協が必要となる

今までは普通に快適に使えていたのに突然速度が遅くなりそこから戻らない等どうしても気になる場合は別ですが、基本的に通信速度については妥協が必要です。

とりあえず快適に通信できているなら、もし自分が納得できる数値が出ていなくても受け入れるしかないでしょう。それがベストエフォート型のサービスです。

速度が遅い場合ホームゲートウェイやルーターなどを再起動すれば、速度が直るかも

auひかりの通信速度がある日突然遅くなってしまった場合、まず試してみたいのがホームゲートウェイの再起動です。

インターネットを利用するために自宅に設置するホームゲートウェイは、時折調子が悪くなることがあります。

しかし再起動を行うことでおかしくなっていた動作が正常化し、結果通信速度が元の速さに戻る可能性がありますね。

またホームゲートウェイに無線LAN機能が内蔵されたルーターをつないでいる場合はルーターの再起動で、特定の機器だけ快適に通信できない場合はその機器を再起動で速度が正常に戻る可能性もありますよ。

機器のスペックがauひかりの高速通信に対応していない場合もある

auひかりを利用し始めたもののどうにも速度が出ないことを心配している場合は、利用のために使っている機器のスペックをチェックしていきましょう。

まずはルーターのスペックを確認しよう

ホームゲートウェイに接続しているルーターは、auひかりの通信速度にしっかりと対応していますか?まずはルーターのスペックをチェックしてみてください。

ルーターはすべてがauひかりの1Gbpsに対応しているわけではありません。

例えばauひかりのオプション、レンタルホームゲートウェイを使って利用できるWi-Fi機能は450Mbpsが最大速度です。

【関連記事】auひかりの白いホームゲートウェイは速度低下の原因!?

家電量販店などで販売されているものも1Gbpsでは通信できないものがたくさんあります。

速度をできる限り高速にできる状態に持って行きたいなら、ルーターのスペックを確認してもしauひかりの速度に対応していない場合は買い換えてみることをオススメします。

パソコンのLANポートの通信規格や、Wi-Fi接続している機器の対応している周波数にも注意!

ルーターが対応していた、あるいは買い換えたとしても、まだチェックするべき項目がいくつかあります。

例えば有線LANで接続しているパソコンがある場合、そのパソコンは1Gbpsでの通信に対応しているでしょうか。
パソコンの公式サイトなどでLANポートでの最大通信速度をチェックできます。確認してみてください。

そしてLANポートの主な規格をまとめました。こちらをご覧ください。

規格名 最大速度
1000BASE-T 1Gbps
100BASE-TX 100Mbps
10BASE-T 10Mbps

1000BASE-T1に対応していれば、auひかりの速度をしっかりと発揮できますね。

またWi-Fi接続している機器で速度が出ない場合は、その機器で対応しているWi-Fiの周波数などに注意してみましょう。

Wi-Fiで使われる周波数には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類あり、基本的に5GHz帯の方が速いです。

Wi-Fiルーターでも5GHz帯では1Gbpsまで出るものの、2.4GHz帯では出ないことがあります。

端末が5GHz帯に対応していないために、高速通信ができない場合もありますよ。

auひかりを高速で利用するためには、接続する端末のスペックが重要となります。覚えておきましょう。

LANケーブルを買い換えれば速度が改善されることもある

ルーターと接続する機器には問題なく、ホームゲートウェイも問題ないけれど速度が出ない場合はLANケーブルも確認してみましょう。

LANケーブルにも様々な規格があります。

古いLANケーブルをずっと使っている場合、規格が1Gbpsに対応しておらずauひかりを使っても高速通信できない場合がありますね。

LANケーブルの規格を表にまとめました。こちらをご覧ください。

規格名 最大速度
CAT5 100Mbps
CAT5e 1Gbps
CAT6 1Gbps
CAT7 10Gbps

家電量販店に行けば様々なLANケーブルが販売されているので、CAT5e以降の規格のLANケーブルを使ってみてください。

どうしても速度が遅いままの場合は、auひかりのサポートセンターやプロバイダに連絡してみよう

ここまで解説してきた方法をすべて試してもダメで全然快適に通信できないとなると、あとはauひかりのサポートセンターやauひかりで契約しているプロバイダに連絡してみるしかないでしょう。

連絡することで速度が遅くなってしまっている原因を突き止め、最終的に速度が改善される可能性がありますよ。

念のために聞いてみることをおすすめします。

誘導バナー

プロバイダを変えることで遅い速度が改善されることもある

auひかりは、いくつかの選択肢の中から選んでプロバイダを契約することができます。

もし速度が遅い原因にプロバイダが関係していた場合は、プロバイダを変えることで速度が速くなる可能性がありますね。

ただしauひかりは、一度解約して再度契約し直すという方法でしかプロバイダを変更できません。

プロバイダを変えても月額料金は変わりませんが、違約金や初期費用がかかってしまうので非常にハードルが高い解決策となります。

よってプロバイダ変更は最後の手段です。あまり気軽に勧められない方法ですが、試してみる価値はありますね。

auひかりが遅い場合の対処法についてのまとめ

auひかりはあくまでベストエフォートサービスであるため速度が遅いとしてもある程度限界がありますが、機器の再起動や変更による最適化である程度改善できるかもしれません。

どうしても速度に納得できない場合はauひかりに連絡してみたり、プロバイダを変更して契約し直したりしてみてはどうでしょうか。

auひかりに関するご相談はコチラ

auひかり

auひかりサービス提供エリア拡大中!

あなたの地域でもフレッツ光が利用できるか、
まずは無料でエリア確認してみましょう!

お得なキャンペーン実施中!

auひかりお申し込みサイトへ

関連記事
おすすめ記事